top of page

【大地の再生 結の杜つくり】貴船神社


【大地の再生 結の杜つくり】

貴船神社でのワークショップに参加してきました。


季節を問わず、沢山の観光客を迎える、貴船神社。


参道の脇には、沢山の木々があり、私たちの目を楽しませてくれていますが、 実は、沢山の人の足で踏み固められた道の土は、硬くなり、

その下にある木の根っこは、息ができない状態になっているんです。


そこに、水脈を作ってやり、水と空気が循環できる状態にして、木を生きかえらせる。 今日は、そんな作業を体験してきました。


大地の水脈って、人の血管とよく似ています。 血管がなんらかの要因で、詰まって流れなくなると、私たち死んじゃいます。


水脈も、ちゃんと循環していないと、木に水も行かない、栄養も行かないわけだから、木も死んじゃうというわけでー


今年、大地再生の事業の結果、貴船神社の紅葉は、とてもきれいだったそうです。(去年までの貴船神社の紅葉は、あまり綺麗ではなく、茶色っぽかったそうです)


ご神木の桂の木も、だらんと枝先が垂れ下がっていた状態だったそうなんですが、今は、ピンと張り、とても元気でした。


私たち人間たちは 樹木に虫がついたら殺虫剤、葉や花の色が悪かったら養分を与える

ってするけど、本来は、樹木自身が元気であれば、その必要はないんですよね。


なんか、私たちとよく似ていませんか?


私たちも、身体が元気であれば、病気をはねのける力があるわけで〜薬はいらない。


貴船神社の木々が元気になりますように〜 空気が入るようにー、水が拡がるようにー、土を掘る〜


人の身体に鍼を刺すイメージで、水が流れやすくなるように、杭を打ち、水脈には、炭、竹、枝葉、を入れる〜


プロの方々と一緒に、作業をしてきました。


今日は、いま私が関わっている、環境保全研究所の地球再生事業につながる、とても貴重な体験をしてきました。 (明日は筋肉痛、間違いなし)

Comments


bottom of page