IMG_5683_edited.jpg

管理人 木田多津代 ご挨拶​

 

【人生後半戦からのBA美’Sクリエイター】

アロマぱふぇoffice 管理人、きだたつよ です。

(BA美’S=ばぁびぃず〜は、人生デザイン塾主宰人生デザイナーAKIアッキーが名付け親です)

1956年(昭和31年)2月生まれ、60オーバーあら還女子です。

このページにたどり着いてくださり、ありがとうございます。

ココ・シャネルの言葉に

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。

というのがあります。

では、60歳の顔は?というとなんでしょう?

それは、あなたの人生そのもの、と私は思うのです。

還暦(かんれき)とは、

暦の干支(十干十二支)が一巡し、誕生年の干支に還ること。


このことから「生まれたときと同じ暦に還る(赤ちゃんに還る)」という意味で

「還暦」と呼びます。この一巡するのが、60年。

還暦を迎えるということは、ここで一つ、完結した、

と考えることができるのかもしれません。

そして、また、新しく誕生する、と言うこと。

60歳といえば、もう子供達は独立して、自分の道を歩き出し、家庭を持ち、

ひょっとしたら、あなたは、もう、お孫さんを見守る、おばあちゃんに

なっているかもしれません。

あるいは、仕事も定年を迎え、やっと自分の時間を持てたという方

年老いた両親を看送った、もしくは、今介護の真っ最中、という方

また、自分自身が、介護を受ける側になった、という方

もいらっしゃるかもしれません。

こう、見てみると、みなさん、それぞれに、生きてきた証があり、

それが、お顔に現れる60歳。

人生100年時代、これからのあなたはどう生きていきますか?

青天の霹靂だった乳がんの宣告、手術、抗がん剤治療を受けない選択、

生きる、ということには、限りがある、と突きつけられた2019年

私は、60歳を超えて、やっと、自分らしく生きていけるようになりました。

ダメな自分を、全部認めて、他人の目を気にすることなく、

「私は私、自分らしく生きる」「自分の人生は自分でデザインする」

過去は財産、これからは開き直りの人生。

人生後半戦からの”美容”のこと、”健康”のこと、”夢”のこと​

64歳で長年の夢だった、琵琶湖の見えるところに住む、

ということを実現させた私です。

私が60数年生きてきて感じた​自分らしく生きていくための

いろんな情報を、あなたと共有していきたいと思います。

​ご一緒に、歩んでいけましたら、嬉しいです。

アロマぱふぇoffice

​木田多津代

毎晩11時 音声ライブ配信中
1日の終わりに楽しかったこと振り返ってます
​フォロー大歓迎

lineでお友達になってください

https://lin.ee/gIqif0Z

トライアングルビューティー友達追加.png